2002年春、一枚の線画から始まりました

2002年春に出版された著書『1000億円失って』の最終項目でわずか6ページで思いを書いたのが始まりです。

30his01

2006年 静岡県伊東市での町おこし

最初の候補地は静岡県伊東でした。東京からお客様を連れて行っての現地見学会を実施する傍ら、日本有数の温泉地でありながら街中の商店街は人気のない、シャッター商店街でした。2006年、この商店街に「キネマカフェ伊東劇場」「キネマ射的場カフェ」をオープンさせ、東京からお客様を毎月お連れしてイベントを始めました。わずか1年でこのにぎわい。こうして伊東中央商店街では、一企業がおカネをかけずに町おこしができるという前例をつくることができました。

30his02

2008年12月 会津若松から巨大プロジェクトが持ち込まれました

昭和44年、超高級リゾート地として「水織音の里」は誕生しますが、後に運営会社が倒産。それから20年間放置され、会津若松市内の方々でもその存在を知らない、別荘地になっていました。

2009年6月 原宿の地権者の方々を集めての説明会実施

2009年10月 原宿NPOメンバーが古民家を改装

会津原宿の真ん中にある古民家をNPOのメンバーがゴミ出しをして「水織音の里」建設の拠点としました。建物名は、「天風閣」と名付けられました。この天風閣から、会津原宿の町みがきを始めました。

2010年2月 東京からのツアー開始

30年代村の現地見学とあわせて、改装した古民家での「田舎暮らし」体験ツアーを開始しました。テレビも、時計もない、そして電波も届かない(当時)といった状況で始めたツアーでした。

30his03

30his04

2010年6月 村づくり開始

会津原宿から30年代村の対象地「水織音の里」までの山道の整備などから、村づくりを始めました。

30his05

7月 建物の建設を開始しました

30his06

30his07

30his08

30his09

9月 全国からボラバイトがやってきました

最初の建物はツリーハウスでした。そしてコンテナハウスを家の土台にして、外観を江戸時代の建物へと変えていくという手法で、いよいよ村づくりが始まりました。
当初、建設に携わったのは、原宿の地主さんたちです。
9月には、村づくりを本格化させるためにボラバイトの方々をネットで募集したところ、瞬時に定員に達する人気でした。関東近県から関西、福岡から村づくりに駆けつけて頂きました。

30his10

10月 農地再生開始

水織音の里の周辺には広大な耕作放棄地が拡がっています。この放棄地を借り受けて、農地の再生に取り組み始めました。

30his11

30his12

11月 森林再生事業開始

会津・水織音の里の周辺にある森林を間伐して美しい森を再生します。間伐材は村の建物、ツリーハウスの材料とします。グリーンツーリズムやツリーハウスの建設などを通じて雇用の場を作ります。

30his13

30his14

30his15

30his16

12月 江戸の街並み出現

着工からわずかに5ヵ月で江戸の街並みが作られました。ここを中心に水織音の里の村づくりが進んでいきます。

30his17

30his18

30his19

2011年春から村づくりは本格化する予定でした。

2011年3月11日 東日本大震災、フクシマ原発事故発生

「田舎くらし体験ツアー」を行ってきた会津原宿の「天風閣」が震災のために使用できなくなりました。会津地方は揺れによる被害は大きくはなかったのですが、原発事故による「風評被害」のため、観光客はまったく来ない状況になりました。
「昭和30年代村」の建設もストップしました。

2015年1月 猪苗代にて拠点づくり

2月 猪苗代「かまくらづくり」イベントから活動再開

秋田横手など、「かまくら」を体験できる場は多々ありますが、この猪苗代では、「かまくらづくり」を体験するイベントを企画して開催しました。
「子供でもやらない」と地元の方は言いますが、大人が集まってかまくらを作っているので、地元の新聞社が取材に来ました。このイベントは猪苗代の冬を体感して頂く、恒例イベントにしていく予定です。

30his20

30his21

6月 日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」で取り上げられました

新企画、「ボンビー転落社長」として取り上げられ、この昭和30年代村構想も紹介されました。この放映以降、様々なメディアからの関心が集まるようになりました。

30his22

10月 テレビ東京「ヨソで言わんとい亭」に出演しました。
週刊ポスト「戦後ニッポンの億万長者たち」で取り上げられました。

2015年は、猪苗代の拠点「かどや」の改装作業に、多くの「仕事づくりボランティア」の方にお越し頂きました。

30his23