会津村塾とは… 次代の生き方を
共に氣付き合う勉強会です。

21世紀とはどんな時代になるとお考えですか。

これからは、「意識進化」の時代です。
20世紀までは、技術と社会が変化する時代でした。産業革命以降、新技術が作り出す新たな社会がやってくれば、皆等しく、この変化を享受することができました。新世紀の到来は皆同時にやってきたのです。しかし、21世紀はどうもそうではないようです。
それは、「意識」の変化が新たな時代の到来を意味するがゆえに、今度は「個別」にやってきます。
1996年、川又三智彦はこの時代の到来を予見して、「新個人主義」と名付けました。これは、個々に持って生まれた才能を開花させて生きれば、もっと人は生きやすくなるという時代の到来を意味していました。
つまりは、自分がやりたいことがある人ほど、生きがいのある人生をおくれる時代になっていくということです。

「これからの自分の生き方は必ず自分が持っている」
このことに気付くために3つの柱が大事だと考えています。「経済・金融」は現状認識、これから社会がどう変化していくのかという情報です。「自分科学」は、自分の人生を豊かにする宝探し、羅針盤です。そして「量子論」は、自分から飛び出して宇宙全体へと意識を向けて行くことでこれからどう生きればいいのかを発見できる道具です。

ryoshironこの21世紀の生き方を、量子論的生き方と呼んでいます。

今までの「仕組み」がどんどん壊れ始めています。これは同時に、「自分がどう生きていきたいのか」を持っていなければならない時代の到来を意味しています。
その生き方自体をみつける場としてつくるのが、会津・猪苗代から始まる「昭和30年代村」であり、この「会津村塾」です。

塾長 川又三智彦
kawamata

ウィークリーマンションツカサ創業者
ツカサのワンワンオフィス創業者
会津昭和30年代村企画株式会社代表取締役

会津村塾・田町

毎月開催
日時は、facebookイベントでご案内しています
港勤労福祉会館/参加費・2000円(資料代として)

「会津村塾」への参加、Facebookでの「友達」登録などで繋がって、これからの難局をともに乗り越えて行きましょう。
直接会場にお越し頂いても結構です。

経済・金融、社会、我々が生きている環境がどうなるかを的確に予測。
宇宙自然の法則で、自分らしく生きるために、自分史と、歴史、量子論をテーマにしてきました。

2014年からは、「もっとワクワクで、楽しく生きるための集い」として、猪苗代と会津での村づくりイベントなどの話をしております。

会津村塾では、(株)スマイルメディアのご協力により、「情報ナビゲーション講座」の経済・金融情報の年表がご利用頂けます。
また、自分史もこのサイトで無料で簡単に作成できます。
自分の生き方をみつけるのは、自分を知ることから始まります。ぜひこのサイトで自分史を作成してみてください。

年表創造コミュニティ「Histy(ヒスティ)」
http://histy.jp/