年金制度の改革

昭和30年代村計画の目的の一つは新しい年金制度の提言です。

人口推移

少子高齢化が進む現在、若者がが働いて老人の面倒をみる、今までの年金制度は破たんしています。

これからは放置されている地方の土地を有効に活用し、そこに住む人達がその土地の持つ生産性を掘り起こし、住民たちの面倒を見るという、若者依存型の年金制度から土地活用型の年金制度に替えていくべきです。

土地の持つ生産性とは、そこで採れる農産物等以外にもその土地に付加価値を付け観光資源としたり、介護保育の場等にすれば、収益を生み出すだけではなく、そこの住民に仕事を与える事もできます。

『いいね!』・『シェア』にご協力をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA